東北六魂祭

ご無沙汰しています。

5月24,25日に東北六魂祭が山形で行われました。

東日本大震災で亡くなられた方の鎮魂そして被災されたところからの復興を願って

2011年から行われていて、2011年が仙台、2012年が盛岡、2013年が福島で、今年が山形です。

パレードしているところには行けませんでしたが、TVで観させてもらいました。
2日間でのべ26万人が集まったとのことですが、人の力ってすごいなと
思いました。 祭りはすごいですね。

盛岡のさんさ踊り、仙台のすずめ踊り、福島のわらじまつりは、これまでよく知りませんでしたが
今回TVで観ていても感動がつたわってきました。

特にさんさ踊りは、すごいやさしい気持ちになりました。
何か、鹿踊りを思い出しました。


また、近くを宮城県東松島の航空自衛隊のブルーインパルスの編隊が飛行しておりました。
すごく感動してしまいました。

震災のときに以来、自衛隊の方への見方が変わってしましました。
一人でも多く助けたいという思い。少しでも癒されて前に進めるように。
その思いを持ち続けての飛行だったと思います。

自衛隊の方が絶対戦場に行くことがないように世界の平和を祈りました。

東北六魂祭から力をいただきました。

http://www.youtube.com/watch?v=u9KYgo5dQ40

この記事へのコメント

2014年06月11日 11:11
さんさ踊りはテレビでしか見たことがないのですが、とてもきれいな踊りですね。今時の踊りはどこに行っても同じようなダンスみたいで、このような踊りを大切にしてほしいですね。
日本の美しさを見直して、受け継いでいって行って欲しいものですね。そこに何かが潜んでいると思います。手の動かし方の美しさ。体の線の美しさ。これこそが日本の美しさだと、アピールできるのではないでしょうか。
2014年07月06日 06:41
みっちょんさん
コメントありがとうございます。
私もそう思います。
さんさ踊りは手の動きがとっても優雅で美しいですね。
女性の美しさが映えます。
また鹿踊りのような太鼓を使った踊りは男らしさも感じます。本場の踊りも一度は見てみたいですね☆

この記事へのトラックバック