山形蔵王のお釜

 山形市から、西蔵王高原でゆっくりしようと思って車を走らせました。途中で蔵王がきれいに見えたので、もしかしてお釜が見えるのでは?という期待感があり、お釜へ行き先を変更しました。 行って見たら、ほんときれいに見えました。
 昨年行ったときは、ガスがかかって、お釜が見えなかったので、今回はとっても嬉しかったです。青空はそんなに出ていませんでしたが、曇っていても、ガスがかかっていないのが良かったです。

画像

             <近くから見た蔵王のお釜>
  
山形市内から、西蔵王を通りすぎ、蔵王温泉を経由して、上ノ台ゲレンデに寄っていきました。夏のゲレンデには草が生い茂っていましたが、ゴンドラが動いていました。トレッキングを楽しむ方々が乗ってるのでしょうね。 

画像
画像

<上ノ台ゲレンデ>             <スキーシーズンの休憩所群>

上ノ台を後にして、蔵王エコーラインを一路、お釜に向けて運転を続けました。約1時間くらい走ったかもしれません。紅葉の中を走り抜けていくと、頂上に行くにしたがって広葉樹が無くなって、針葉樹のみの世界になります。さらに、有料道路を走って、やっとお釜の駐車場に到着しました。 寒~い☆ 10度を下回っていて、風が冷たいから、体感温度は零度に近かったかもしれません。

最初に、展望できる場所にいきました。そこから見るとお釜が綺麗に見えました。お釜は火山の火口ですが、こには、エメラルドグリーン色の水が溜まっています。左の高い山が頂上の熊野岳です。

画像

               <熊野岳 と お釜>

また、ちょっと降りて行って、少し広角でどんな風に見えるかを作ってみました。こんな風に見えます。右下の方は、火山の傷跡のような地肌がむき出しになっています。このお釜の向こう側が宮城県です。このお釜も実は、宮城県になっています。

画像

               <広角で見たお釜周辺の景観です>

そこから更に、お釜に近いところまで歩いていきました。 コンクリートの策が設けてありますが、通路は、岩や石がごろごろしていてちょっと歩きにくかったです。

画像

               <岩がごろごろ>

みなさん厚いジャンパーを着たり、ストールをかけていたり、寒さから身を守っていました。私は、お釜に行く前に、レストハウスから暖かいお茶を買っていったのですが、途中で冷たくなってしまいました。それだけ風が冷たかったのです。鼻も真っ赤になっていました。

お釜から戻って、お昼ご飯を食べることにしました。レストハウスの2階の食堂で、釜カツ丼を食べました。名物と書いてありました。結構なボリュームがあって美味しかったですし、食べることでやっと、寒さから開放されました。

画像
画像

<レストハウス>             <食堂のメニュー>

画像

                     <釜カツ丼で~す>

ほんと美味しかったです。 食事終了後、また車で、蔵王の山を降りていきました。  

今回は、本当にきれいなお釜を見ることができました。これに青空があったらもっと綺麗だったなと思います。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年10月19日 23:52
 去年の6月 さくらんぼ狩りが目的でしたが
蔵王のお釜にも行きましたよ 
お釜は残念ながら濃い霧が立ち込めて全然見えませんでした 
でも 可愛らしい駒草が咲いているが見れました。
釜カツ丼! 美味しそう・・・(^^)
2010年10月20日 10:23
お釜とはおもしろい名前ですね。(ごめんなさい、物を知らなくて)もう、寒い程に冷えてるんですね。紅葉もきれいだったんじゃないですか?
釜カツ丼とは、おもしろいですね。見た目もとっても美味しそうです…。
2010年10月20日 23:06
みなみ風さんへ
コメントありがとうございます。
さくらんぼ狩りに山形に来ていただいたんですね。
私にとってお釜がきれいに見えたのは、これまで数回行って、まだ2回しかありません。
みなみ風さんが、今度、来られたら、お釜が見れると良いですね。
2010年10月20日 23:11
みっちょんさんへ
コメントありがとうございます。
’お釜’ですけど、火山の噴火口を’お釜’と呼ぶようです。山形では、昔から’お釜’と呼んでいたので違和感は無かったのですが、違う意味もありますよね。確かに。
紅葉は、見れたのですけど、青空では無かったので、すご~い。という感じではなかったです。青空だったら、綺麗に映えるのですけど。
釜カツ丼は、寒かったのと、おなかが空いたせいもありますが、ほんと生き返ったような感じでした。
2010年10月25日 00:05
“お釜”と呼ばれるところに行ったことがないんですけど、ぽわんもお釜の中の奇麗なエメラルドグリーンを見てみたいですくろまめさんの写真を見たら、昔みたいに山歩きしてみたくなりました
2010年10月25日 21:09
ぽわんさんへ
コメントありがとうございます。
私も山歩きを始めてみようかなと思うのですが、なかなかできていません。
ゆっくり大自然の力をもらうような歩き方してみたいですね。
2010年10月27日 16:48
くろまめさん、こんにちは♪
“お釜”は、そう見れるものではないのですね。
急遽行き先を変更されて正解でしたね!
先日山形の紅葉の様子をテレビで拝見しましたが
山の頂上付近はもうそんなに風が冷たいのですね。
広大な景色も見事ですが、なぜか釜カツ丼に釘付けになってしまった私です(笑)
2010年10月27日 22:43
sayaさん。こんばんわ☆
山形の紅葉の様子がテレビで放映なったんですね。もしかしたら、山形放送で製作している、山形を紹介している番組でしょうか。
今日は、山が白くなっています。まだ里は、4~5℃くらいです。そろそろ雪が舞いそうです。
釜カツ丼は、ボリュームがありましたし、美味しかったです。
horizukin
2010年10月30日 12:13
ご無沙汰してました!

蔵王のお釜、すご~い、絶景ですね!
紅葉時期はほんとに素晴らしい景色なんでしょうね~。あ~、ここにトレッキングに行きたい!(笑)
山形って訪れた事ないんですが、くろまめさんのブログを拝見してると、詳しくなります(笑)
素敵な旅ブログ、楽しく拝見してますよ~。

釜かつ丼をこの昼時に見てしまい…^^;
お腹がぐ~っと鳴りました。ははは。
2010年10月30日 22:09
horizukinさん
コメントありがとうございます。
でしょう! 釜カツ丼美味しそうでしょう!
食べるときに穂高の’穂の香’さんの’山賊定食’を思い出しました。ご飯がかまどで炊いてあって、ボリュームも多かったことがちょっと似ていますよね。
また行きたいなって時々思います。

この記事へのトラックバック